関清水社 お披露目神事

令和3年2月1日、関清水社のお社が新しくなり、神様の御霊も無事お入りになられたので、関蝉丸神社の節分祭の後、お披露目の神事を行っていただきました。

境内を横切る京阪電車からも、新しいお社がとても目立って見えるとのお話も聞かせていただきました。今は、神々しく光り輝いています。ピカピカの銅のお屋根も、年月と共に、良い味わいをかもし出してくれることと思います。

そして何より、龍神様がお喜びになられているご様子が受け取れ、ご支援いただきました皆様のおかげと感謝しております。

この日は、RAINBOW LIGHTのメンバーのお孫さんたちも来てくれており、子どもたちの笑い声が響く豊かな時間となりました。

この日の夜に、たくさんの雨が降りました。後は春に無事、地下にお水が溜まっていることを願うばかりです。

新しいお社が来る前に!

1月16日に関清水社の上の部分の掃除と整理に行きました。

この日は、1時過ぎに向かう予定でしたが、11時過ぎから結構キツく雨が降り出し、どうなることやら…と思っていました。

雨は降ったり止んだりとはっきりしない状況でしたが、3時くらいには止むような予報になっていました。

1時半ごろに自宅を出発して、小雨の降る中、作業を始めました。そんなに気になる感じではなく、少ししたら雨は止み、木の根起こしをしました。


神様からのサポートとは、こうゆう形でもたらされるのだと実感しました!

雨が結構降ったおかげで、土が柔らかくなり、時間が掛かるだろうと思っていた数本の木の根は、思いのほか楽に掘り起こすことができました。

Before
After

関清水社の上には小さな木々、周りには大きな木が植えられており、その根が石組を歪ませ、ズレて隙間が空き、危険な状態になっていました。

上の部分は、砂をかき出し石組のズレを直しました。

地面が綺麗になった上に、防草シートを敷き固定をします。そして、大理石の白い玉砂利を敷き詰めました。

が、量が足らず、この日はまだ未完成のまま帰りました。

1/20 玉砂利追加

20日に追加購入した玉砂利を持参して、関蝉丸神社 下社に行くと、宮司にお願いしていた新しいお社が設置されていました!

多分、18日の大安の日に設置してくださったのではないかと思います。

まだ、魂を入れていただいていない状態とは思いますが、皆様のおかげで立派なお社に変わりました。

本当にありがとうございました。

2月1日、13時から関蝉丸神社 下社で「節分際」が行われます。

その時に、関清水社のお披露目をしていただく運びになっています。

後は、春になり無事井戸に水が溜まっていることを願うばかりです。

コロナの影響で、皆様大変不自由な状況を強いられていることと思います。

皆様、どうかお体ご自愛いただき、またコロナが収束し、落ち付きましたら、ぜひ足をお運びいただけますとありがたく思います。

関蝉丸神社 下社 お正月準備

今日は関蝉丸神社 下社の鳥居横に、奉賛会と関蝉丸芸能祭の実行委員で門松を手作りしました。なかなかの出来上がりに皆さんで満足!

お正月にぜひお詣りにお越しください。

関清水社の周りの木々も整理をしております。1月に入ってから石組が崩れないように気を付けながら、根起こしをしたいと思っています。2月1日に節分祭が行われることになり、その日に新しいお社をお披露目していただけることにもなりました。それまでに環境を整えて参りたと思っております。

この活動にご賛同いただき、RAINBOW LIGHTの方に直接、ご支援をくださった方もいてくださり、本当にありがとうございました。お名前しかわからず、お礼のご連絡もできずに申し訳ありません。もし、ご迷惑でありませんでしたら、お問合せにてご連絡先をご一報いただけますと大変ありがたく存じます。

関清水神社 井戸掘り実施!!

昨日、関清水社の井戸掘りを依頼しています業者から

急遽、今日、井戸を掘ると連絡があり行きました。

結局、最初から最後まで見守ることになりました。

結果的に手堀り作業で限界の8mまで掘ってもらい

水は少しだけ出ました!

あと2m掘れば確実に出るとおっしゃっていました。

希望としては溢れんばかりに出て欲しかったのですが…

業者さんが言うには井戸は寒気に掘れ!と言って

寒気は水が少ない時期なのでその時期に出れば

確実に出るということだそうです。

今年は雨が少なかったこともあり

上まで溜まっていないのだろうとおっしゃっており

とりあえず、来年の春まで様子を見て

それから手漕ぎポンプを付けてもらうことになりました。

今は、パイプが出ている状態です。

井戸によっては冬は出ないものや

年によって出なくなるものや様々にあるそうです。

自然のことなので仕方ないと思いました。

来年の春には水が溜まっているだろうから

その時にポンプを付けましょう

ということになりました。

希望はあります!

少し肩の荷を降ろして2020年を終えることができそうです。

本当にありがとうございました。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

関清水神社 クラウドファンディングのその後

井戸掘りの打ち合わせ

2020.11.25

関蝉丸神社の宮司と氏子総代と共に

井戸掘りの打ち合わせをしました。

京阪電車の踏み切りを車で渡るための仮設の工事の

使用期限が12月15日までということで

急いで作業をしていただくことになります。

井戸掘り業者さんの見解では

確実に出るかどうかはわからない地形と

水が枯れたという事実を踏まえて

掘ってみないとわからないと言われました。

伏流水がどれだけあるのか…。

現在枯れてしまっている古井戸は

だいたい3mくらいの深さになっています。

手掘りで8mまでとのことで5mの間に

どれだけ水の流れがキャッチできるのか!

胃が痛くなるような内容ですが

12月15日前に工事をしてもらえるので

龍神様にご協力の要請をして

ただひたすら祈るばかりです。

関清水社 湧水・龍神様の復活を願って

クラウドファンディング 終了

沢山の方々のご支援をいただき、クラウドファンディングの期間が終了いたしました。

ご支援いただいた皆さま、誠にありがとうございました。
リターンにつきましては、準備が整い次第、順次発送を開始いたします。

井戸掘り工事については、今のところ2月頃を考えており、今後、詳細を詰めてまいります。このHPで引き続きご案内いたします。

今回の支援金で井戸掘りは可能となると思われるのですが、設備整理には、まだまだ、資金不足は否めません。引き続き、当HPにて、「関清水神社復活支援金」を受付しております。よろしくお願いいたします。

関清水神社龍神様の復活祭のご報告

関蝉丸神社下社・関清水神社水のある神社の復興に向けて、去る、令和2年5月24日(日)関蝉丸神社下社にて、例祭の後に世界各地よりお持ちいただいた、お水を奉納していただきました。

日本全国各地よりご神水をお持ちいただき、かつて豊かな湧水のあった神聖な場所へ、お持ちいただいた方の御心と共に捧げていただきました。

ご参加いただいた方、お越しいただけなくても御心を関清水神社へ向けていただいた方々に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

当日は、涼風と陽の温かさを交互に感じられる穏やかな日和となり、滞りなく無事終了いたしましたことをご報告いたします。

今後の予定

今回、呼び水として各地より御神水を奉納いただきましたが、この龍神様の復活祭は、湧水の復活の時まで継続していきたいと考えています。

そして、時期を見て、井戸を掘ることも検討しております。その際は、クラウドファンディングを利用し、基金を募りたいと考えております。

みなさまのご協力をいただけることを期待しております。

よろしくお願いいたします。